手抜きレシピ

【手抜きレシピ】包丁まな板いらずの炊き込みごはん

ライター 小西 結子 ライター 小西 結子

「手抜きレシピ」をお伝えする私たちの想い

みなさん、ヨガやトレーニング、ピラティスなどは何故していますか?

ダイエットの為、綺麗になりたいから、ストレス発散の為、メンタルを整えたい・・・

いろいろあると思いますが、すべてに繋がり、とても大切になってくるのが「食」!

PLAYoga、PRIMOには私たちスタッフと同年代の会員さまが多いのですが、みなさん会社員から奥様、そしてママになったりと、毎日の食事を作られている方が多いと思います。

毎日献立を考えたり、お仕事や育児の合間に料理をしたりと・・・ほんとにご苦労さまです!

食事は手間も時間もかかる・・・。私、料理以外もすることいっぱい!でも、子供や旦那さん、家族には栄養のあるバランスの取れたごはんを作ってあげたい!

そんな葛藤から生まれた「手抜きレシピ」シリーズ。

どこの家庭でも、その人オリジナルの手抜きレシピがあるはず!

まずは私たちスタッフが日頃実際に作っている手抜きレシピからご紹介いたします。

ご近所さんやママ友との「私、こんな手抜きしてるねん。」的な会話の感じで読んで頂けたら幸いです。


包丁まな板いらずの炊き込みごはん

 

材料と簡単な作り方(作りやすい分量)

 

米:2号

鮭:2尾

きのこ:お好きな種類をお好きなだけ

調味料:粉末和風だし→適量、酒・みりん・しょうゆ→各大さじ2

洗ったお米に調味料を加え、2号分のお水を入れます。少し混ぜたらきのこ、鮭を乗せていつも通り炊飯器のスイッチを押します。炊き込みモードがあればそちらで。

炊き上がったら鮭の骨を取りながら身をほぐして混ぜます。

 

手抜きポイント

1、きのこは手でほぐしてそのまま入れます。えのきの土の部分はキッチンバサミで切っても◎

2、鮭も生のまま上に乗せれば、魚焼きグリルを洗う手間いらず。

3、時間があればお出汁を作って。なければ粉末の出汁で十分。

 

大葉やおネギを添えてもいいですね。

私がよく使うのはブロッコリースプラウト。

根本を切って洗って水分をしっかり取ってタッパーに入れておけば、冷奴やお味噌汁、パスタなどの彩りにすぐに使えます。

あまり日持ちはしないので早めに使ってくださいね。

 

翌日はヒジキやふりかけ、ゴマなんかを入れて朝ごはんやお弁当にもどうぞ。

 

 

 

 


仕事仲間でママ友でお客さん。

 

第一回目の手抜きレシピはこちらの3人で試作しました。

左から

【PrimeScholar広報担当:小西結子】

2歳半の息子と2カ月の娘がいるほぼほぼ専業主婦。出産前はヨガインストラクター、現在は子育てしながらできる仕事を少しずつ始めてます。

【PrimeScholar広報担当:中野梓】

1歳になりたての娘がいる新米ワーキングママ。PRIMOでパーソナルトレーニングをしたり、各スタジオのお世話をしています。

【PRIMO会員さま:小田ねぇ】

2歳半の息子がいる現在第2子妊娠中のワーキングママ。鍼灸師です。

 

 

 

 

それぞれ環境が違うママが集まって、子育て話をしながらお料理を。

参加してくれたパパさんたちには子供たちの相手やカメラマン、試食係をお願いしました。

今回の「手抜きレシピ」シリーズは、レシピと一緒に、自己紹介を含め3人のレポートをお届けします!

次回は「栄養たっぷりきのこの肉巻き」と新米ワーキングママ、中野のレポートです。

 

 

【手抜きレシピ】

その1、包丁なま板いらずの炊き込みご飯(10月12日)

その2、栄養たっぷりきのこの肉巻き と 新米ワーキングママ中野(10月19日)

その3、アレンジ無限大和風きのこパスタ と ほぼほぼ主婦で2児のママ小西(10月26日)

その4、アッという間!きのたまスープ と 現在第2子妊娠中のワーキングママ小田ねぇ(11月2日)

 

 

 

 

 

 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です