Instructor

【kayoko先生】バランスを取り錆びない身体を。

インタビューアー中野 インタビューアー中野

ご自身でヨガスタジオを持ち、ヨガインストラクターの養成もされているkayoko先生。

ヨガとの出会いは単純なものでしたが、ヨガに出会って身体が変わり、どんどんその魅力にハマっていったそうです。

いつもエネルギッシュなkayoko先生はやっぱりパワーヨガが大好き!かと思いきや、今は陰ヨガでゆっくりと自分の軸を見つけていくということにも挑戦しています。

中野がお話を伺いました!

【運動大嫌いでした()

中野

ではまずヨガを始めたきっかけからお伺いしますね。

kayoko

単純なんですが、街を散策してた時にたまたまスタジオのチラシを見つけたんですよ。それを持ち帰ってすぐ電話しました(笑)

中野

すぐ行動(笑)

もともとヨガは全くされてなかった?

kayoko

全くしてないです。

全然してないんですけど、ストレッチとか身体を動かす事は好きだったんですよ。

中野

で、体験行ってどうでした?

kayoko

もう体験行って、その日に入会しました。入ってました。即です。

中野

ハマった要因って何ですか?

kayoko

なんかねもともと運動がすっごい苦手で。

中野

あっそうなんですか?!

kayoko

大っ嫌いなんですよ、動くのが。でも、ヨガが終わった時にすっごく身体がすっきりして気持ちよかったってゆうのがあって

それがまずハマった要因。あっなんか走らんでいいんだってゆう(笑)。

中野

しんどくない運動があるんやって感じ?

kayoko

うん!しんどくないのに心地いい身体のすっきり感ってゆうのが楽しめて、それで入り込んだらどんどん入ってしまって、気が付いたらなんでもやってた。

【まずは楽しいがきっかけ】

中野

そこからどうして先生に?

kayoko

全くインストラクターになる気はなかったんです(笑)。

そのスタジオさんに生徒として23年通ってたら、そこで養成講座が始まってたんです。

オーナーに是非養成講座に入らないかって誘いがあって、最初断ったんですけど

中野

えっ!なんでですか?

kayoko

いや、まぁ向いてないやろうって。

自分では、ちょっと無理やろうと思って断ったんですけど、熱いエールがあってそれでじゃあ一回受けてみようかなって。

受けて三カ月間は勉強したんですけど、勉強して思ったのは「やっぱりだめだ!」と。

中野

なんでですか?

kayoko

ほんとにいろんなことを教えてもらうんですけど、あまりにも無知すぎて「これでは私先生はだめ!なれない!」と思って。

卒業はさしてもらって、すぐにレッスンのお声は頂いたんですが蹴りました。

中野

先生やりません?みたいなことですか?

kayoko

うん。そう。

で、「1年待ってください!もう一回独自で勉強します!」って言って。

私、石橋叩く派なんで(笑)。

中野

(笑)。

kayoko

で、一年経ってクラスにたまたま空きがあったので、もう一回お声がかかって

中野

その一年間は、生徒さんとしても通い続けてはった?

kayoko

ずっと通ってました。

ちょっと増やしたんですよ、レッスンの量を。

だから会社かヨガかどっちやねんってゆう(笑)。

中野

そうなってきますよね(笑)。

kayoko

もうわけわからん生活になって、周りから何目指してんねんっていわれながら(笑)。

中野

迷走してると思われてた(笑)。

kayoko

もう迷走時期ですね(笑)。

歳も歳なだけに周りに「どうしたいの?」っていわれながらも、両方やってました。

じゃあ先生になるんやったら練習しようと思って、ちょっと友達を家に呼んで練習したりとか、実家に帰って近所のおばちゃまたちを集めてちょっとやってみる、そうゆうのをやってたんです。

中野

友人とか近所のおばちゃんとかにやってみた感じはどうやったんですか?

kayoko

すごい楽しかったですよ!

楽しいなって思ってきたのがまずインストラクタ-になるきっかけでもあるんですけど、自分の先生に「実際私はそういうインストラクターとしての道を歩んでもやっていけるかな?」って相談をかけた時に、二つ返事で「大丈夫!」と言って頂いたのが、最後の背中を押してくれた要因ですかね。

で、そこでひとつだけレッスン持たしてもらったんですけど、最初はよう失敗しましたね(笑)。

中野

それは生徒として通ってたスタジオで?

kayoko

そうです。

中野

ってことは、隣で一緒にやってた人が生徒になるって事ですよね?

kayoko

そう!

でもね、そんなに違和感はなかったですね。

知ってる人やし逆にやりやすいってゆうのもあるんで。

中野

なるほどね。

kayoko

結構ね、ストイックな方だったんですよ。一生懸命「自分はあの先生みたいになりたい!」ってずっと練習やってた派だったんです。

あ、今は大分さぼってますけど(笑)あの頃はようやってたんですよ。すごく一生懸命だったんで。

【ステップアップしていけば大丈夫】

中野

そこからレッスンを持ち始めて、レッスンでは何に気を付けたり、こんな想いでやってるとかありますか?

kayoko

まず、けがをさせないってゆうことは絶対条件なんですけど、やっぱり会員さんがみんなそれぞれ身体のつきかたも違えば、進み具合も違うし、練習量も違えば、年齢差もあると思うんですよ。

で、全部平等にしようと思ったら難しいんですけど、ただ言葉で誘導をするだけではなくて、すぐそこに寄り添っていくとか、ってゆう風にしてあげないと、どんどんみなさんエスカレートしてしまって

日本人のまじめさが出ちゃう(笑)。

中野

(笑)。kayoko先生もやけど(笑)。

kayoko

ついつい出ちゃう(笑)。

やっぱり周りに気を取られて、見てしまうでしょ?

そしたら隣の人見てしまうとやっぱり自分もあそこまでいかないといけないとか「私できない!」ってゆう劣等感とか、いろいろ入っちゃうんで「そうじゃないよ。」ってゆうのを先生が諭してあげる。

中野

なるほどねなるほどね。

kayoko

だから身体が硬いってゆうことが悪いことじゃない。

まずはそこから教えてあげる。

中野

だいたい来はる人、硬いことが悩みで来る人多いですもんね。

kayoko

やっぱり硬いからできないと思ってる人には、そんな事ないよってことをまず伝えてあげたい。

で、終わった後に「またこのクラスに来たいな。」って思ってくれるようなクラスづくりもしてます。

中野

てゆうことは、ちょっとキツくても自分もやれるかなってゆう目標をもって?

kayoko

何カ月前にはできなかったことが今はできるようになった。

じゃあまた今度はもひとつステップアップして、「ひとつひとつを段階を経てやっていくんだよ。」って事を伝えてあげたい。

私がそうだったんですよ。身体がすごく硬くて苦労した分、それを生徒さんにもひとつひとつ伝えていきたいなぁとは常に思いますね。

【ヨガで身体が変わった】

中野

そしたら、kayokoさんの中でヨガってどんな存在ですか?

kayoko

一時迷走してましたけど(笑)、今となっては生きていくためのものですよね。

道しるべというか。

中野

普段はよくします?家でも。

kayoko

ほんとは練習しないといけないんですよ。

でも時間がなくてね。

一日ほぼレッスンが埋まってしまってるんです。

それで一週間全部埋まっちゃうと「私ほんまいつ練習すんねん!」てか「いつ休むねん!」って。

中野

イントラさんあるあるですよね。

kayoko

そうそう。だから結局自分のメンテが出来なくって、身体壊して月何回か接骨院行ってるってゆうね(笑)

中野

なるほどね。よくあるあるですね。

休みの日はどちらかというとゆっくりする方ですか?

kayoko

もうねゆっくりしたい。できたら動かしたくない。

中野

休みもちゃんとあるんですか?

kayoko

あのね、あるようでないんです(笑)。

中野

なんか趣味とかあるんですか?

kayoko

ヨガやってない頃は海外旅行とかすごい好きやったんですけど、今は時間もなければお金もない(笑)

イントラさんがハワイだとかグアムだとか行ってね、ヨガしてるの超羨ましい(笑)

でもやっぱり今こうして日本にいて、今ここにいてる生徒さんひとりひとりが大事なので。

中野

なにか自分の身体で普段気を付けてる事ってありますか。

kayoko

私ねすごく太りやすいんですよ。

中野

へー!意外!想像できない!

kayoko

それがみんな言われるんですけど、それがどうしてもトラウマでそれに戻りたくないてゆう自分がすごくあって。

中野

ちなみに今より何キロ太ってはったんですか?

kayoko

10㎏以上は

多分ね太りやすいと思います。太らない努力はしてます。

中野

例えばどんなこと?

kayoko

もうこれは20年以上は毎日体重計に乗ってます。

自分の中で誤差は上限1㎏まで。それ以上超えたらアウト。

中野

腰痛とかはもってはったんですか?

kayoko

ヨガする前はぎっくり腰とか、腰痛はありました。

中野

今はどうですか?

kayoko

ない!!

中野

ですよね(笑)。想像できひん(笑)。

kayoko

もうそん時は運動大嫌いで、ごろごろしてテレビ見てたい派やったから。

動くなんて考えられないって感じで。

中野

ヨガして奮い立ったんですね。

kayoko

たぶんそうですね。ヨガってすごいなぁって。そん時は面白半分でやってただけやったんですけどね。

中野

考え方が変わったんですか?

kayoko

身体が変わってきたってのが大きかったです。

中野

それは体重が減ったとか?

kayoko

体重が減ったというより筋肉量が増えた。で、締まっていく。

それにもうなんか笑いが止まらんくらい楽しくなってきて(笑)。すごく筋肉フェチなんですよ。

中野

だからパワーヨガに行ったってことですか?

kayoko

そうですね。もともと自分の師匠がパワーヨガだったんです。

そっから4.5年やってたんですよね。すごい楽しかったから。

中野

パワーヨガの方が身体が変わる感じはありますか。

kayoko

ありますね。すごい代謝があがるし、「あ、逆立ちってできんねや!」って感じですよね。やればできるんやって。

中野

パワーヨガって運動嫌いの人には結構きつかったりします?

kayoko

でもね、生徒さんで運動嫌いな人いてはりますけど、パワーヨガを一緒にやりだすとハマっていきはる。わりとハマりやすい。

【バランスを取り錆びない身体を】

中野

なるほどね。そしたら最後にkayoko先生がなりたいあなたとは?

kayoko

年齢がもう50前なので、このまま錆びない身体を持ち続ける。

中野

そのためには何かしようみたいなのはあるんですか。

kayoko

今までパワーヨガの話をしたんですけど、逆の事を取り入れようと思います。

中野

ということは?おとなしめの?

kayoko

陰ヨガですね。

この前も陰ヨガのレッスン受けにいってきたんですけど、相当葛藤しました。

先生に「力抜け!」って言われて、「抜けない!」って。どうしても力が入ってしまう。

中野

動きたいーって感じ?

kayoko

うん。でもやっぱりこれは自分にとって必要だなぁっていうことがわかりましたね。

中野

陰ヨガってどんな感じなんですか?

kayoko

ほんと真逆なんですよ。

キープ時間が長くて、1ポーズで3分から5分ぐらい。

しっかり重力を感じることが大事なのと、あと呼吸を常に意識して安定したポーズをとっていく。で、自分の中心軸を見つけていく。

ってゆうのが陰ヨガなんですけど、陰ヨガってどんどん進化していってるので、一回真剣に勉強してみたいなぁって思いますね。

中野

新しく学ぶものは止まらないですね。

kayoko

止まらないですね。やっぱりどんどん吸収していかんとあかんかなって思いますよね。

なんでも自分で欲していくっていう気持ちが大事で、それがなくなると老化が始まると思う。

中野

あぁお母さんに言お(笑)!ほんで自分にもゆーとこ(笑)!

kayoko

自分の実年齢は仕方がないんですけど、実年齢には反して錆びない身体を持ち続けていきたいなぁとは思いますね。

中野

ありがとうございました!


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です